Free Hosting

Free Web Hosting with PHP, MySQL, Apache, FTP and more.
Get your Free SubDOMAIN you.6te.net or you.eu5.org or...
Create your account NOW at http://www.freewebhostingarea.com.

Cheap Domains

Cheap Domains
starting at $2.99/year

check

難関資格 合格したけりゃ、本は読むな!―社会人こそ、最短時間で一発突破できる (リュウ・ブックス アステ新書)



難関資格 合格したけりゃ、本は読むな!―社会人こそ、最短時間で一発突破できる (リュウ・ブックス アステ新書)

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 840 (消費税込)


本を読まないのではなく、読むべき時に効果的に読めという主張
最小限の勉強量+合理的な方法論で合格を目指す、
ということをいかにして実現させるか、ということ書かれています。

また、本を全く読まずに合格を目指せ、
という主張の本と勘違いしてしまいますが、
実際の主張は少し違います。

要は、効果的にテキストや基本書を読むべきということ。
資格試験の過去問を使った勉強を中心とし、
テキストや基本書は、その補足として使えということ。

資格試験で出題される問題は、
基本的に過去に出題された問題の焼き直しが多いのも事実。
だからこそ、過去問を勉強することで、
その資格試験の出題されるポイントが把握できます。

そんなポイントを的確に基本書で補足するという効果的な勉強方法が
合格に近付くための最も重要であるという主張です。

この本の内容は、上記の内容だけでなく
もっと幅広い合格のためのノウハウが書かれています。

今資格試験に挑戦しておられる方、
また今後難しい試験に挑戦しようとお考えの方にとって
非常に役立つ本ではないかと思います。


資格試験に効率的に合格する学習方法
 本書の要旨は、基本書や教科書を読まないほうが効率的に学習出来て合格し易い、ということです。
これに対し、基本書を読まなければ試験範囲の知識を習得出来ないので、合格出来ないのではないか?という疑問を持つ方がいらっしゃると思います。

「本は読むな」の真意は、基本書を全く読まないという意味ではなく、過去問主体で学習を進めて、基本書は辞書的に活用するということです。

分厚い基本書を通読する学習方法の弊害は以下の点です。

・基本書を通読すること自体にかなりの時間を要する。
・基本書の中盤以降を読む頃には始めの方の内容を忘れている。
・基本書を読むだけでは理解が進んだかどうかが分からない。
・基本書を読むのに飽きてしまい、途中で挫折する要因となる。

基本書を暗記しようとしたり、完全に理解しようとしたりして通読しても、そんなに頭に入るものではありません。それよりも過去問を解いて重要な論点が何であるかを知る方が先決です。論点が分かれば対応策が立てられます。

基本書は、過去問の正解や解説を読んでも理解しにくい場合や、疑問点を解決する為に、必要に応じて部分的に読む方が効率良く学習出来ます。

本書の教訓を踏まえて、これから資格試験に挑戦される方へのアドバイスは以下の通りです。

1.過去問は重要論点を知る為の貴重な情報なので、過去問中心に学習を進める方が効率的である。
2.どうしても基本書を通読したい場合は、入門書レベルの薄いものを読んで概要を把握する程度にする。
3.疑問点や不明点が生じた場合は、必要に応じて基本書を部分的に読む。
4.学習期間の中期以降は模試を複数回受けて、現状の実力と弱点とを定量的に把握する。
5.弱点分野に関して基本書などで重点的に復習する。
6.再度模試を実施して、模試の平均点が8割以上の得点になれば、合格圏内に入ると思われる。(試験本番の合格点が7割程度の場合)




ボディメイクはおまかせダイエットは科学だ!―理論と実践で100%成功するダイエット

教育立国フィンランド流教師の育て方

医師が教えるビューティバージンロードの歩き方―はじめての美容医療で迷わず綺麗になる

貸金業務取扱主任者資格試験受験教本〈第1巻〉貸金業法および関係法令〈2009年度試験対応版〉

難関資格 合格したけりゃ、本は読むな!―社会人こそ、最短時間で一発突破できる (リュウ・ブックス アステ新書)

建物調査入門 (図解不動産業)

健康相談活動の理論と実際―どう学ぶかどう教えるか

知らない人だけが損をする投資信託の罠

センター試験過去問研究 政治・経済 [2010年版 センター赤本シリーズ]

生きている地下住居―中国の黄土高原に暮らす4000万人 (アーキテクチュアドラマチック)

最新ブログ 更新情報 ブログ2